05月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



海と空とあなたとあたしと
それだけの青い世界に
連れていって
ふたりならきっと
大丈夫だから
ずっとずっと
ふたりでいよう


スポンサーサイト


叶わぬ想い  恋愛

どきどき。



逢えないまま、こんなにも時間が経っていて
その間に君は、こんなにも素敵になっていて
あたしは
今までよりもずっとずっと
君の笑顔に
どきどきしてる。




片想い  恋愛

午後3時。



久しぶりに逢う君は
どんなふうに変わっているのかな
あたしは今からどきどきしてる。
今日の午後3時。
おひさしぶり。
君の笑顔に再会します。




つぶやき  恋愛

ぎゅ。



なんだか君が疲れた顔してるから、
あたし、何を君にできるかなって思ったの
でも、
何にもできなくって
あたし、話す言葉も何もなくって、

だから、
後ろから、ぎゅってした。

だいじょぶ、
あたしが
君を守るから。




大切な人。  恋愛

悲しい予感



悲しい夢を見て
泣きながら起きた真夜中
君とは
もう二度と逢えないんじゃないかと
いつも震えてしまう
いつだって思いだせるはずの
君の笑顔が
遠くにかすんで
消えた




想い  恋愛

君と



あとから振り返ったときに
せいいっぱい恋をしたって
胸を張って言えるくらい
あたし、
いっぱい
恋をしたい、
君と。




想い  恋愛

ひとりごと。



好きの反対は
嫌い
じゃないんだよ

好きの反対は
無関心

だからお願い、
こっちを向いて。




つぶやき  恋愛

ひとり。



君にはあたしよりも
守るべきものがたくさんあって
そんなときには
いつだって
あたしはひとり、
膝を抱えて
うたをくちずさむ
寂しくなんかない
だって
君に出逢う前も
あたし
ひとりだったもの。




つぶやき  恋愛

棘。



どうしてあたしは
痛いことを選んでしまうのだろう
もっと甘くて優しい道もあるはずなのに
もっと楽しく笑っていることもできるはずなのに
どんどん自分を追い込んで
棘の道を裸足で駆け抜ける




つぶやき  恋愛

いつも一緒に。



一緒にいること
しあわせだけど
一緒にいすぎて
忘れかけてた
いないときに
はじめて気付いた
君はすでに
あたしの一部分
会話のペースも
笑うタイミングも
君以外とだと
違和感が残るの
君じゃなくちゃ
君とじゃなくちゃ
しあわせになれない
だからおねがい、
いつも、一緒に。




想い  恋愛

消しゴム



全部消しちゃいたい。
君の笑顔も、言葉も、温もりも、何もかも。
忘れて、
新しいひとと出逢うように
君と向かい合いたい。

それでもまた恋におちるなら、
それもまた運命。




叶わぬ想い  恋愛

デラシネ



この手を放されたら
あたしはふらふらとどこまでも飛んでいってしまう
根付くものも約束も何もないから
つながれた手だけが、あたしを留まらせる
唯一の絆




つぶやき  恋愛

淡い夢



君といると
何もかもが真っ白になっていくようで
寄り添っているだけで
自分を忘れてしまう
めまいがするくらい
幸せで

このまま
いつまでもこうしていられると
思っていたんだ、あのころ




つぶやき  恋愛

賢者の贈りもの



あたしはいつも君のことが心配で
君はいつもあたしを心配してくれている
なんだかいつもお互い心配しあって
おかしいよね
どうなるのかわからないけど
こんなにいつも気になるのなら
一緒にいれば少しは安心できるよね
だからも少し
今日だけは一緒にいて?

あたしは君の幸せを祈ります
君はあたしを
とびきりの笑顔にしてください




大切な人。  恋愛

バースディ。



あれから何年経っても忘れない。
今日は、初めて好きになったひとの誕生日。
何をしてあげれたわけでもないけれど、毎年この日になると思い出す。
15歳だった笑顔。
彼のことを何でも知りたくって、どきどきしながら誕生日を訊いたこと、まるで昨日のことのように思い出せる。
くだらないことならいっぱいお話できたのに、彼自身のことを訊くときにはものすごく緊張していた。
おもしろい隣の席の子
くらいには思ってもらえてたはずだから、何を訊いてもおかしくないはずだったけど。
今の自分ならもっと器用になんでも訊ける。
あのころは、まだまだ全然不器用だったから。
どきどきしながら必死で、くだらないことに混ぜ込んで訊いてみた。
誕生日、血液型、身長や家族構成、好きなうた、好きなクルマ。
好きな女の子のことはどうしても訊けなかったけど。

例えば今、偶然道端ですれ違ったとして。
昔の面影を感じ取ることができるのかどうかさえわからない。
それでも、覚えている、誕生日。
毎年必ず、心の中で思う、ハッピーバースディ。
君はどんなふうにおとなになったの?
だけど、きっといくつになったとしても、あたしのなかの彼は15歳で、いたずらっぽく笑って、まだ少しだけコドモが混じった声であたしに呼びかけるんだ。



片想い  恋愛

お洗濯



こんなに晴れた日には
心のお洗濯しよう
おっきなお日様の下
じめじめした心を干して

あしたには
青空みたいな笑顔で
いられるように。




想い  恋愛



くちびるが触れるたび
心臓がはねあがる
舞い上がったまんま
どこかに行っちゃいそうだよ
だから、手を握って
抱きしめて
甘いことばで繋ぎとめて
髪にKISS
頬にKISS
唇にKISS
たくさんのくちづけを
あたしに刻み付けて
お願い




大切な人。  恋愛

夕暮れ




遠いところに行きたいな
誰も知らない、遠いところに
ふたり
手をつないではしゃいでいても
気付かれないような
遠い遠いところに

このまま
連れて行ってしまいたい
その右手をとって

そんなことを思った
夕暮れでした。




片想い  恋愛

ひとりじめ



君の笑顔を
ひとりじめしたいと思うようになったのは
いつからだったか
もう覚えていないけれど
ときどき
他の人に笑顔を向ける君を見て
そっぽ向いてふくれてる
自分が嫌になる




つぶやき  恋愛

君に逢いたい



こんなに晴れて
爽やかな風が吹くから
君と手を繋いで
お散歩でもしてみたいと思ったんだ

青い空の下
笑いながら
公園の芝生の上とか

少し疲れたら
ベンチに座って
お話しましょう
手は放さないで

だけど
こんなに晴れているのに
君には逢えない
逢いたいなんて、言えない

そんな午後




叶わぬ想い  恋愛

だいすき。



だいすきってきもちは
どこから来るのかなぁ
君の気配を感じた瞬間から
あたしはどきどきしっぱなしで
本当にどうしようって思うんです
少しくらい
セーブできたらいいのに
ふざけたふりして
君に触れる瞬間、
少しだけ緊張して軽く息を吸う癖、
気づいていないでしょう?
だいすきってことばよりも
ずっとずっとだいすきで
あたしどうしようって
いつも困ってるんです




片想い  恋愛

オールウェイズ



君と出逢って、とても不思議なことがあるの
君と出逢う前、あたしはどうやって暮らしていた?
君とあたしは、その昔、ひとつの骨でできていた、アダム&イヴ
そうじゃなければ、こんなにぴったりと寄り添えない
君の肩のくぼみに、あたしの頭はぴったりと納まる
そこには空気の通る隙間さえない
なのに、どうして、いつも一緒にいられないの?




片想い  恋愛

お願い。



ことばよりも
キスをください
たくさんの想いをこめて
たったいちどのキスを。

…いちどじゃなくても、
いいかな。




つぶやき  恋愛

もし。



もし君が
あたしの手を取って微笑んでくれるのなら
あたしは君とどこまでも行ける




つぶやき  恋愛

すぐ横にある幸せ



君と並んで
他愛もないおしゃべりをしていることが
何よりも幸せだなんて

そんなこと
君に気付かれたくないよ
きっと勝ち誇った顔、されるもの

だけど
幸せだなぁ
一緒にいること
本当に幸せだなぁ
気がつくと
笑顔になっている

君も笑顔で

ね、もしかして君も
あたしと同じくらい
幸せって、思ってくれているの?

ね?
そうだよね?




大切な人。  恋愛



あなたが夢見た未来に
あたしはいないから
このままそっと
あなたの前から
消えてなくなってしまいたい




片想い  恋愛

光。



あたしがいないことで
君が幸せを手に入れることができるのなら
あたしは喜んで身を引きましょう

君の幸せが
あたしの光なのです。




つぶやき  恋愛

残像。



しあわせって
てのひらに乗せたら
消えてなくなっちゃうのかなぁ

しっかりと
つかまえておきたいのに
いつだって
指の隙間からこぼれおちる

温かさの記憶だけが
てのひらに
残り続ける




想い  恋愛

香りの呪縛



あたし
これからずっと
この香りを感じるたびに
君のことを
思い出してしまうんだなぁ…




つぶやき  恋愛

ゆっくりと。



君のことは
ゆっくりと
忘れていきましょう
今すぐなんて
無理だから




想い  恋愛

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。