06月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



髪を切りました。
君がなんて言ってくれるか、
君に逢う日をどきどき待ちました。

偶然逢ったともだちに、
似合うね
って言われました

後輩の女の子に
かわいい
って言われました。

君は、あたしを見て
髪、切ったんだ
ひとことで。

でも、
気づいてもらえたから、
まぁいいか。


スポンサーサイト


つぶやき  恋愛

SWEET PAIN



君を見つめれば
胸の奥
甘く、ぎゅっと、つねられる




想い  恋愛

このまま



こうやって、いつしか
逢わないでも平気になって
連絡を取らなくなって
だんだんと君のこと
忘れていくのかな




つぶやき  恋愛

まだ。



自分が思っているより
大切にされていないことに
ショックを受けたりして

こんなのが続くんなら
もうたくさんだよって
背中を向けたのは
自分なのに

次の瞬間には
だいすきで
だいすきで
君を捨てきれない自分がいる

まだ
だいすき

だけど、
これが続くなんて
思わないで?




想い  恋愛

気づかない



君の知らないところで
あたしが
どれだけ涙を流したのか
君は気づかない




片想い  恋愛

天使の住む場所



どんなに君を好きでも
あたしが君にできることは限られていて、
限られた時間の中で
いったい何ができるのかを
あたしいつだって考えていて
せめて
ふたりでいるときには
いつも笑顔にしてあげよう
って思ったんだ

いつもふたりで、笑顔でいたい

いつもふたりで、笑顔でいようね?




想い  恋愛

HAPPY BIRTHDAY TO ME



はじめての、
君がいる
誕生日




大切な人。  恋愛

ひまわり



いつも
君の方へ
気づけば
心が向かってる
精一杯
君に笑いかける
あたし、
ひまわりみたいだ。




大切な人。  恋愛

抱きしめたい



逢えない夜も
君の弱さも
かなしい出来事も
全部
丸ごと
君のこと
抱きしめたい。




想い  恋愛

たいせつなきみへ。



いつもありがとう
わがままばっかりごめんね
君が隣にいないときは
ちゃんといろんなこと考えてるんだ
あたしだって
それなりに大人だし
まわりのこととか
未来のこととか
見なくちゃならないわけだし

だけどごめんね
隣にいると
だいすきって気持ちが溢れてきて
止められないんだ
全部、教えてほしい
時折瞳の向こうに見え隠れするせつなさも
一緒にいないときに君がどんなこと思ってるかも

ごめんね
本当はわかってるんだ
いつまでも側にいれないこと
だけどごめんね
今はまだ
側にいたいんだ
君の笑顔をこの手で守りたい




片想い  恋愛

欲張り



君といると
どんどん心が欲張りになって

いつも一緒にいたいとか
この笑顔をひとりじめしたいとか

ばかみたいなこと考えてて

君の過去にまで
やきもちをやいてみたりして

なんだかいつも
君が足りないから、
もっとって思ってる
どこまで欲しいのか、
どこくらいあれば満足できるのか
あたし、もう、わかんない。




叶わぬ想い  恋愛

いつも



いつからかな
君は
あたしの中に
いつもいる
ときどき
心の隅っこで暴れるから
あたしはどきどきと
胸を押さえている。




つぶやき  恋愛

おやすみなさい



別れ際の君の笑顔を
ぎゅっと抱きしめて
眠る夜




大切な人。  恋愛

見えない糸



きっと、
見えない糸に導かれて
あたしたちは
出逢ってしまい

見えない糸が
結びついて
お互いに
気づいてしまい

今は
見えない糸が
絡まりあって
こんがらかって
ほどけなくって

君から離れることができない
くらい
君に夢中
なんです。




つぶやき  恋愛

どきどき。



君と並んで座ってたとき、
あんまりにも近いから
このどきどきが
聞こえちゃうんじゃないかって
ちょっと思った。




想い  恋愛

ウラハラ。



逢えない日には
逢いたくて逢いたくて、
ちょっとは女の子らしいことも
つぶやいてみたり、するのだけれど

いざ、
君を目の前にすると、
憎まれ口を叩いてしまう

どうしてなのかな
どうしてなんだろう




つぶやき  恋愛

ポケット



あたし、
小さく小さくなって
君のポケットのなか
入り込んで
いつも一緒、
同じ世界を見てみたい




つぶやき  恋愛

全部。



毎日、
思い出さない日はないよ、
君のこと
あたしの心の片隅に
いるだって君はいるから

たとえば
綺麗な景色を見たときや
おいしいものを食べたときや
おもしろいことに出逢ったとき

君と分かち合いたいし、

つらいときも
悲しいときも
苦しいときも
全部

君に分けてほしい




大切な人。  恋愛

眠れない夜。



夜の闇の中
やさしいだれかが
君からのことばをそっと届けてくれる

ああ、
今、君も
寂しいって思ってくれているんだね

逢いたくて
逢えなくて

お互いに
お互いを想って

眠れない夜が更けていく




大切な人。  恋愛

雨の日



初めて君の隣のシートに座って
出掛けた日のこと、覚えてる
風がとても強い日だった

一緒に
公園に行ったよね
雨が降り始めて
寒かった

だけど
君が隣にいるから
手を握り締めてくれるから

雨も風も寒さも
全部大丈夫だったんだ

今日も、雨が降っています
部屋の中に強い風が吹いてきます

君は今、どうしていますか?




片想い  恋愛

笑顔



君が笑ってくれるなら、
あたしはきっと何だってする
君の笑顔を守れるなら
あたしは消えてもかまわない

だけど今は
一緒にいるから
笑ってくれているんだよね?

いつまでも、
その笑顔を守りたい。




大切な人。  恋愛

帰り道



何度も繰り返し、振り向いた
近くまで送ってくれた帰り道
見送るのは嫌い
去ってゆく背中はリアルだから
だけど
君と一緒じゃない帰り道は
右側が寂しくて
ひとり
持て余した右手を
きゅって握る




片想い  恋愛



好きでした。

に、したいと思っていた。
あのひとのしあわせに
あたしは必要ないから
だけど
一緒にいること
眩暈がするくらいしあわせで
温もりがやさしくて

まだ、過去形にできない

どうしても
好きなんです。
あきらめきれないくらい
好きなんです。




大切な人。  恋愛

夏。



夢見てた。
夏には一緒に海に行って、
お日様の下
白い波と戯れて、
遊びつかれたらお昼寝して、
熱い砂の上、飽きるまでお喋りして、
夕陽が落ちるころには寄り添って、
日が沈んだら
駅までの道を手をつないで
ゆっくりゆっくり遠回りして歩いて、
じゃあまた明日って
笑顔を交わすの

そんなあたりまえの恋人のいちにちを
いつも夢見てた。

そんなあたりまえの恋人のいちにちを
涙が出るくらい
欲しいと思ったんだ。




叶わぬ想い  恋愛

人魚



叶わない想いを
胸に抱いて
君を見つめるのは
もうたくさんなのだと
何度も 何度も
心で叫んでいるのに

どうして、
こんなにも、
君の側に居たいと
祈ってしまうのだろう

叶わないとしても
側に居られるなら
それだけで

いつかあたしが
叶わぬ想いを抱きしめ
海に消える、その日まで

もう少しだけ

神様、
許されないとしても
もう少しだけ
あのひとの側に




叶わぬ想い  恋愛

逢いたくて



いつも
あたし
君に
逢いたくて

逢いたくて
逢いたくて

せつないよ




叶わぬ想い  恋愛

囚われ



見つめれば
言葉は気絶し
手足は凍りつき
瞬きさえ叶わない
のに
心臓だけが
存在を誇張するかのように
激しく
音を立てる




つぶやき  恋愛

知らなかった感情



ときどき
どうしようもなく
あたしのなかで騒ぎ立てる
どす黒い感情
どろどろと蠢き
ねばつく触手で
あたしの心を取り込もうとする

恋愛って
楽しいものだと思っていた
綺麗なものだと思っていた

だけど、
こんなにも醜い感情が
あたしを押しつぶす

最初からわかっていたはずなのに

あなたを独占したい
だなんて
考えちゃいけないと
わかっているのに

ねぇ、
苦しいよ。




つぶやき  恋愛

プレゼント



両手にいっぱいの花束よりも
キラキラと輝くリングよりも

君と笑って過ごす時間が
何よりのプレゼント

君の1日を、あたしに、ください。





想い  恋愛



大好きで
幸せで
ときどき
息が詰まりそうになる
君は
あたしより
少しだけ背が高くて
少しだけおとなで
少しだけゆとりのある眼差しで
だから
いつも
少しだけ悔しくて
唇を噛み締める
まえに
君が
唇を塞いでしまうから
ますます
息が詰まって

あたし
恋に
おちていく




大切な人。  恋愛

| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。