10月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 

隣で



いつも隣で
笑っていられたら
どんなに幸せなことでしょう

一緒に遊んで
一緒に食べて
一緒に眠って
一緒にいつまでも
いつまでも時を過ごす

いつも笑顔で
君の隣で
いつまでも
いつまでも


スポンサーサイト


つぶやき  恋愛



君への想いは
いくら忘れようとしても
変わらなくて
色褪せることなくて

季節だけが
変わってゆく




想い  恋愛

満員電車



人ごみに押されて
君にぴったり寄り添ってしまったとき
どきどきが聞こえるんじゃないかって思って
ますますどきどきしてしまいました

だけど
このまま離れたくなくて

隣の人が
もっとぎゅうぎゅう
押してくれてもいいのになって
思いました




つぶやき  恋愛

すき。



このままだと
溢れちゃう
早く伝えなくちゃ
君に伝えなくちゃ

だいすき。




想い  恋愛

素直になりたい。



誰にも気兼ねすることなく
君を見つめたい

真夜中
飽きるまで疲れるまで眠くなるまで
話しつづけたい

温かな手に触れて
一緒にいたいと囁いてみたい

思いきり抱きしめて
いちばん好きだと
君に伝えたい

素直な自分を
君には見せたい




叶わぬ想い  恋愛

逢いたいよ



よく晴れた昼下がりにも
とても寒い雪の日にも
お月様がまぁるく輝く夜にも
季節が変わってく匂いがする明け方にも

いつだって
君にいちばんに伝えたいよ

いつだって
君に逢いたいよ




想い  恋愛

着信ナシ



震えないケータイ
震えてるのは心だけ

わかってるけど
また
ケータイの着信歴を
見てしまう




片想い  恋愛



君が隣にいるなら
どこに行っても
楽しい

君と一緒だったら
何を食べても
とてもおいしい

君と話す言葉は
すべてが
キラキラしてる

それは
君に
恋をしているから

だけど
君と見た映画は
ストーリーよりも
君の手の温かさが気になって
全然思い出せないんだ

どきどきしてたことだけ、
いっぱい覚えてる




大切な人。  恋愛

ありがとうの詩



君はあたしに笑顔をくれた。
たくさんの、たくさんの、
両手からこぼれ落ちるくらいの
笑顔を―――

あたしは、何を返せる?
君に。

あたしには。
書くことができる。

君へのいっぱいのありがとうを、
君がくれた笑顔の分だけ
この小さな指先から
言葉にかえて
君に、贈る。

ありがとう。
いつもありがとう。
気付いてくれて、ありがとう。
読んでくれて、ありがとう。

―――あたしはまた、笑顔になれる。




大切な人。  恋愛



もしかしたら
あたしは
とんでもなく馬鹿げたことをしているとか
かわいそうだとか
不幸だとか
ひとからは
思われているのかもしれません

だけど
あたしは
こんなおかしな生活の中で
ちいさなしあわせを見つけて
ひとつひとつ積み重ねて
微笑んでいるのです

ばかげているかもしれないけど
これがあたしの見つけた
しあわせのひとつ
なのです




叶わぬ想い  恋愛

どきどき。



君に逢えると思ったら
どきどきが止まらない
ね、
君もどきどきしたり
することあるのかな
少しは
思い出してくれたり
するのかな

そんなこと思ったら
また
どきどきしちゃう
あたし、
病気かも。




大切な人。  恋愛

りぼん



君への想いをしっかり詰め込んで
りぼんで結んだ
届くかな
届くといいな
ありったけの、あたしの想い




大切な人。  恋愛

海。



いつか君と見た海。
今はどんな色をしているのでしょう。

いつか、また
海を見ることがあるのでしょうか。




片想い  恋愛

伝染



君とお話してるときのあたしって、
どんな顔してるのかな。

世界でいちばん
しあわせな女の子の
顔をしてればいいな。

そしたら、
きっと君にも
あたしのしあわせが
伝染する
はずだから。




大切な人。  恋愛

微熱の夢



君の夢ばかりを見ていた
微熱のある昼下がり
君は笑いながら
彼女のことばかりを繰り返した
あたしは苦笑いをして
それでもいちばん近くにいて
君の声を独占している幸せに
酔いしれていた

目が覚めて
悲しかった

せめて夢でくらい
ただ幸せで
いたかったなぁ…




叶わぬ想い  恋愛

人魚



あなたの側に行くために
足をください。
あたしの声をあげるから。

あなたの側で
あたしは
気持ちを伝えるための
声を失ってしまっているから、
ただ、見つめることしかできない。
あなたの声を聴いて
あなたの姿を目に焼きつけて
言葉だけは風になる。

そしてあなたは
あたしに気付かず、
あたしは泡になって
消えてゆく―――




叶わぬ想い  恋愛

Missing



君だけが
すべてじゃないけれど
君がいなくなったら
あたしはもう飛べない
君を完全に失うことが
怖くて仕方ない




大切な人。  恋愛

月の夜



蒼い闇に
まるい月
見上げて
ほっと
息をつく
どこまでも
やさしい


この月灯り
君にも
届きますように

祈りをこめて
メールした




想い  恋愛

恋をした。



恋をした。
だけど
届けちゃいけない
この想い

どうやって忘れればいいんだろう
いったい、どうすれば?

あたしは
ただ、恋をしただけ。

なのにどうして
こんなことになっちゃったの?




叶わぬ想い  恋愛

想い



すきって
伝えてもいいの?

それを伝えることさえ
許されないの?

もっと一緒にいたいよ
君とお話したいよ

あたしの身体中からあふれ出す「すき」で
君はもう胸焼けしてるのかな




片想い  恋愛

冬の始まり



あたしの恋は
寒くて
白い息を吐く




片想い  恋愛

彼女の彼



今だって君は
勘違いしたくなるくらい
やさしいのに

そのやさしさは
昔より
なんだか他人行儀で

だけど君はやさしいから

あたしはどこにも行けないけれど

ホントはあたしが
背を向けなくちゃ
いけないんだね

そして
彼女に
返してあげなくちゃ
いけないんだね





叶わぬ想い  恋愛

Question



逢いたくても逢えないのと
毎日逢ってても触れることが叶わないのと
どっちがつらいのかなぁ…




叶わぬ想い  恋愛



ほんの一瞬
人生が交差した。
その一瞬で
恋に落ちた。

だけど
あなたにはあなたの人生が
あたしにはあたしの人生が
それぞれすでにあって

こんなにも
惹かれたけれど
そのまま
通り過ぎるしか
なかった

くちづけの
余韻だけを
残して




叶わぬ想い  恋愛

POWER!



だいすきなの
あたし
君の
全部

君がいなかったら
あたし
笑うことなんか
できないよ

君があたしに
力をくれる

君のためなら
何でもできる

君を守る
それが
あたしのパワーの
全部




片想い  恋愛

もし君に



もし君に
何かがあっても
あたしには
何もできないから

毎日
君が大丈夫でありますように
って
思ってる




大切な人。  恋愛

写真



2枚だけ
君の写真を持っている
そのうちの1枚は
あたしが撮った
おどけた君の
くつろいだ表情が
とてもすき

隣にいるときには
いつでもこんなふうに
くつろいでいてほしいなぁ

なんて
写真に
キスした。




片想い  恋愛

悲しい夢を見た。



とても悲しい夢を見て、
飛び起きたけれど
泣くこともできなかった
あまりにリアルで

夢の中のあたしは、
そんなの嫌だと泣き叫んだ
あのひとは困ったように
泣きじゃくるあたしの背中を
そっと撫でた
その手のやさしさも
あまりにリアルで

ホントは夢じゃなくて
あのひとがあたしに
本当の気持ちを伝えるために
やってきたんじゃないか
なんて思えた

晴れた昼下がり
歩道橋の下
いつもと同じようにやさしい
あのひとの眼差しと
思いやりのある
残酷なことば




叶わぬ想い  恋愛

Never too late



出逢った時期が
悪かったのかな
遅すぎたかな

でも、
今だから
こんなに惹かれたのでしょう

今だから
こんなに求めてる

君がすきで
どうしても君がすきで
胸が痛い




片想い  恋愛

あたしにできる事。



とてもちっぽけなあたしに
できる事はそんなに多くないけれど、
それでも君に誓います。
君の隣にいる間は
いつも笑顔で
君を
守り続けます。




大切な人。  恋愛

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。