01月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 

悲しい祈り



神さま

あたしは
罪深い
けれど
この夢は
譲れない

神さま

これからは
いいこにします
だから

神さま

どうか
あたしの願いを
聞いてください
ただひとつ

スポンサーサイト


つぶやき  恋愛

痛み。



どんな痛みも
君のためなら
大丈夫
君のためなら
耐えられるから

あたしは笑顔で
君を待つ




叶わぬ想い  恋愛

残り香



この手に、この髪に、この唇に、身体中に、
昨日の君が残っている

むしろ
昨日よりも強く
君を感じているの




大切な人。  恋愛

きゅん



ホントに
きゅんってするんだね
初めて知った
君のその眼差しに
きゅん
胸が、鳴ったんだ。



つぶやき  恋愛

恋。



恋って
ああ、こんなにも
どきどきするもの
でしたっけ?
このまま
走り出してしまいそうです
ねぇ、
走り出しても
いいのですか?



片想い  恋愛



のんきに鼾をかいて
眠っている君
すごいウルサイ
眠れないじゃん
だけど
それさえ幸せで
君の左側にそっと寄り添う



大切な人。  恋愛

スパイス



かちゃかちゃとたてる食器の音が
素敵なうたのように聞こえるの
君と向かい合わせで食べるごはん
なんてことのない普通の食事が
とびきりの味に変わる
特別の時間



大切な人。  恋愛

全部。



淡いくちづけのあと
いたずらな瞳で
微笑む君が好き
やさしく髪を撫でる
その手が好き
寄り添ったシャツの香りが好き
あたしを呼ぶ声が好き
抱きしめてくれる腕が好き
君の全部が
こんなにも好き
だからいたずらに微笑むその目を閉じて
もう一度、お願いくちづけて




大切な人。  恋愛

幸せの足音



君の寝息を感じていた
あたたかな腕に包まれて
見つめれば微かにほほえむ口元
愛しくて愛しくて
君の指にそっと指を絡める
幸せの足音が
遠くから聞こえた
気がした。




大切な人。  恋愛



君が笑顔になるなら
何もかもを許してしまう
手をつないで
このままいつまでもこうしていたいと祈るけれど
君の笑顔を守るために
あたしは笑顔でこの手を離す
好きだけど、
好きだから。



大切な人。  恋愛

疑問



君が隣にいるだけで
なんだか心強いんです
一緒にいれば
百人力だよ?
今までも一緒

これからも一緒?



つぶやき  恋愛

君は



やさしいの?
つめたいの?
いじわるなの?

ね、もしかして
あたしのこと、
すきなの?



大切な人。  恋愛

くりかえし



繰り返し、繰り返し、
愛を語る
見つめ合い、囁いて、
恋をする
疑って、嫉妬して、
傷つけ合う
抱き合って、キスをして、
なかなおり
繰り返し、繰り返し、
愛を語る
繰り返し、
ふたりの歴史を刻んでいく



想い  恋愛

全身で、恋をする。



このどきどきね、
どうして伝わらないのかなぁ
知らん顔でそっぽ向いて
ねぇちょっとくらい
こっちを見てよ
この髪も、この指先も、耳朶もすべて
想いは君に向かってるの
思わず、君に駆け出してしまうくらい
全身で君に恋をしてるの
ホントはわかっているのでしょう?
このどきどきも
聞こえているのでしょう?




叶わぬ想い  恋愛

甘い想い



1年に一度だけ
女の子から
恋を告白してもいいのです

本当はもちろん
365日
告白しても構わないのですが
どうしたって
言えないのです

だから
溶けそうに甘い甘い想いは
チョコレートの中に閉じ込めて
リボンをかけて
冗談めかして
だけど瞳の奥に
情熱を潜ませて
ああどうか
一口食べたら
恋に落ちますように

魔法をかけて

…どうか、渡せますように。




大切な人。  恋愛

ねぇ、ぎゅって。



ことばにしたら
壊れちゃいそうなの
何を言っても
きっと違う
真実は

ねぇ、ぎゅってして
それだけで伝わる
寂しさも悲しさも愛しさも

ただ、ぎゅってして
おねがい




大切な人。  恋愛

PIERROT



笑っていて
苦しんでいても
あたし
何もできないから
笑って
お願いだから

必死で道化を演じるあたし
笑わせることしかできないあたし

それでも
笑顔になってくれるなら

愛されなくても
かまわない



つぶやき  恋愛

だけど



むかいあわせにすわって
わらっておしゃべりをしながら
ごはんをたべていた
だけど
どうしてだろう
きみをとおくに
かんじていたんだ



大切な人。  恋愛



ほんの少しそり残したひげが好き
あたしだけが気づいてる
君の隙
君でさえ気づいてない
耳の後ろのほくろや
頬の傷や
そんなものを見つけるたびに
胸がきゅってなる
ほかの誰にも見せちゃ嫌。
あたしだけが知ってる君でいて
わがままですか?
だけど許して
君のそり残したひげに
そっと頬ずりする
やさしい夜





大切な人。  恋愛

すき。



余計なコト言わないで
そのくちびるを
ふさいでしまいたい
あたしのくちびるで
もう意地悪なコト言わないで
やさしい目で見つめて
何度もくちづけて

好きって言って




叶わぬ想い  恋愛

開戦前夜



どきどきがとまらない
もうすぐ
走り出す
始まるんだ
もうすぐ
あと少しで



つぶやき  恋愛

よこがお。



目が合わないように
そっと横顔を盗み見る
ねぇ
こんなにだいすきなこと
知らないでしょう
薄々勘付いていても
君は鈍感だから
毎日膨らんでいくきもちに
気付かないのでしょう

だけど
桜が花開くように

いつかこのきもちを
いっぱい君に伝えるから

そのときは
よこがおじゃなくて
まっすぐあたしに
笑顔を見せてね





つぶやき  恋愛

甘い霧



君に
甘い霧をそっと吹きかける
あたしのにおいが
君に移って
どうか
離れなくなりますように




つぶやき  恋愛

イノチ。



こいのうたうたう
たからかに
こえとおくまでとどきますように
あのひとのえがおをまもるために
あたしはいまいきているの
いつかとどくまで
うたいつづけますからどうか
あたしよりもかみさま
どうかまもってください
このこえをささげます
あのひとのえがおをしあわせをすべてを
まもってあげてください
このいのちとひきかえに
あたしはすべてをささげます




叶わぬ想い  恋愛

さかむけ。



ささくれだった指先
もう
痛みを感じないのに
さかむけから
いつの間にか
血が出ていた

指先
傷だらけだねと
君が笑った

気づかないでほしかった
もっと女の子らしいきれいな手を
君に気づいてほしかった

君に触れたかった指を
そっと引っ込めて
あたしは、笑った。
もう
痛みは、感じないから




つぶやき  恋愛

君の友達でいいから



いつも君が笑っていてくれるなら
ほかには何もいらないんだ
君の友達でいいから
いつも側にいて
笑っていて




想い  恋愛

まもってあげたい。



きみのせなかみてるとね
ときどきぎゅってしたくなる
おとなのひとだけど
ぎゅってして
まもってあげたい

あたしね
きみを
まもってあげたい






大切な人。  恋愛

嫌いになれなくて



どうしても
諦め切れなくて
嫌いになれなくて
だけど
もう戻れなくて

やりきれなくて
逃げ場もなくて
眠れなくて
別れ際の君の微笑みを
もう一度
ぎゅっと抱き締める




想い  恋愛

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。