08月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 

卒業式の思い出



中学生のとき。
中2の1月に転入したガッコだったし、そんなに思い入れはない、はず、だった。
仲良しの子とは、高校は別々だったけど、家は近いからいつだって遊べるし、
そもそもって話をしてしまえば、転校前のガッコの方が好きだったし。
さっさと卒業したいなぁ、なんて思っていた。
15歳の冬。

中学3年の1月。3学期。
もうすぐ受験で、クラス中がざわざわしてるとき。
席かえがあった。一番後ろの席。ラッキー。
隣の席になったのは、今までほとんど話したことのない、背の高い男の子だった。
フツーによろしくね~とか挨拶して、
フツーのクラスメイトと同じように
フツーに授業中のコソコソお喋りなんかをしていたのだけど。
その1時間目が終わる頃には、
あたしは、
昨日までのあたしじゃなくなっていた。
原因とか、きっかけとか、そんなのわからない。
だけど、その1時間目、確かに笑っていたはずなのだけど、
あたしは胸が苦しくて、
何もないのに泣きそうで、
1時間目が終わった瞬間立ち上がって、がーっと廊下を走って、
何が起こったのかびっくりして追いかけてきた友達の肩を借りて、
いきなりわぁわぁ泣いた。
意味不明。
ホントに意味不明。
あたしはいったいどうしちゃったんだろう。

次の日。
髪の毛がはねている。
今までなら、ユーウツだなぁとか思いながらも、気にしないで出かけてた。
だけど、どうしても出かけたくなかった。
もう1回、シャワーに入って、きれいにブロウし直した。
おかげで少し、遅刻した。
あたしはいったい、何なんだ?
わけわかんねー。

フツーに、フツーに笑って話せているの。
授業中、こそこそお喋り。
休み時間もけらけら笑い合った。
面と向かっているときは。
なのに、彼のそばにいないと。
遠くから彼を見ていると。
震えてしまうの。
泣きそうになるの。
何なんだよ、コレ。
何なんだよ、アタシ。

ってゆーか。
わかってた。
ホントは、最初の日の1時間目のときにわかってた。
それまでともだちと話してた、「誰々くんが好き」。
そんなのと、次元が違う。
あたしは、恋をした。

今でも覚えてる。
天然パーマだった。
犬より猫が好きだった。
シャーペン1本派だった。
彼が気付いてくれた、
あなたとあたしの共通点。

いっぱいいっぱい思い出ができていくはずだった。
だけど、気付くのが遅すぎた。
あたしには、時間がなかった。
卒業したら何もかもが終わってしまう。
卒業したくない、と、全身全霊で思った。
だけど、彼が「早く卒業したいねー」って笑って言ったとき、
「そうだよねー」ってあたしも笑った。
いつもなら眠たい国語の授業。
あたしは、居眠りなんかできなくなっちゃったんだよ。
だからといって、授業が聞こえてくるわけじゃあない。
ただただ、右側に神経を張り詰めて。
もしも何か話しかけてきたら、とびきりの笑顔で笑うから。
もしも退屈そうにしてたら、楽しい話をしてあげるから。
だから、早く卒業したいなんて思わないで。
そんなこと、絶対、口が裂けたって言えないけど。

だけど、時は流れて、3月。
席も遠くに離れて、受験とかいろいろあって、
彼とはあんまり話すことがなくなって、
それでも時々話しかけてくれるのがうれしかった。
ホントにくだらないことばかりしか話さなかったけど、
笑ってふざけあう時間が、何よりもうれしかった。

そして、卒業式。
絶対泣かないって思ってた。
実際、卒業式のときは、泣かなかった…まぁいろいろあって、笑っていた…だけど、教室に戻って、友達とお喋りしてて、その目の端っこに彼が映った瞬間。
ぼろぼろと涙が出てきた。
泣くとか、そんな感じじゃなくって、
防波堤が決壊しちゃったみたいに
ただただぼろぼろと次から次へと涙がこぼれ落ちて、
あたしは机にうつっぷした。
友達が、だいじょぶ?って次々に声をかけてきて、
背中さすってくれて、
あたしは返事をしたかったけど顔を上げれなくて。
そのときに。
よく知ってる足音が近づいてきた。
伏せた目に映る、見慣れたボロボロのスニーカー。
「式のときは笑わせてたのに、今は泣いてるのか?」
頭をぽんと叩くその手の大きさ。
顔を上げて答えようとしたときには、
彼は窓の外から彼を呼ぶ後輩の女の子の声に応えて、笑って手を振っていた。

最後の最後、校門近くで、
みんなでお喋りをしていた。
彼とは時々、目が合ったけれど、特別話はしなかった。
ともだちが、「告っちゃえば」とか言ってくれたけど、
あたしは何も言えなかった。

あの日、仲良しのみんなで記念の写真を撮った。
無理やりな笑顔とピースサインをつくるあたしの斜め後ろで、
彼は笑っていた、はずだけど、
あの写真はどうなってしまったのだろう。
見ることさえなかったその写真の
まだ15歳だったあなたとあたしの笑顔が、
あたしにとっては
特別な、卒業式の思い出、なのです。
スポンサーサイト



片想い  恋愛


また、来ちゃいましたww

>1時間目が終わった瞬間立ち上がって、がーっと廊下を走って、
>何が起こったのかびっくりして追いかけてきた友達の肩を借りて、
>いきなりわぁわぁ泣いた。

ここ、特に、可愛い!!!
あぁ、こんなことってあるんだ、
??
そういえば、あったな、って。

面白かったから、
結局、最後まで読みましたww
ぺぺさん、私の睡眠時間を
帰してくださいww(*^ω^)ノ∠ なぁんて。。
じゃ、またね。ばぃちゃっ☆(´ゝ∀・`)ノシ

2008/03/15 05:31 by 雫 Pagetop△

>雫サマ、こんにちはです☆
す、睡眠時間ですか?
今度はすぐに眠くなるような、癒し系名文を考え付きたいと思います^^
ここにしては珍しい長文なのですが、読んでもらえてうれしいです☆

2008/03/15 07:32 by ぺぺ Pagetop△

はじめまして。

なんだか、せつなくって、久しぶりに胸がキュンってしました・・・。
自分では、どうしようもない気持ちって、ありますねv-238
好きなんだけど、大好きなんだけど、なぜか素直になれなくって、意地張って・・・

卒業式、思い出しちゃいました。

また、お邪魔しますね(*^_^*)


2008/03/15 23:16 by amanto Pagetop△

>amantoサマ、はじめましてです。
なんか、甘酸っぱい、初恋のようなものを思い出してもらえれば、うれしいです☆

よければ、また遊びに来てくださいね♪

2008/03/16 22:55 by ぺぺ Pagetop△

初コメです

ぺぺさんのところにお邪魔するようになって
もう遠い遠い、心の奥にしまいこんだ懐かしい気持ちを想い出すようになりました。

中学生。3年間思い続けた人がいました。
その人を思ってノートや教科書に伝えられない思いを綴っては一人涙したっけ。。
結局失恋してしまったけど、彼無しには語れない3年間。
中学生の小さな世界の全てだったなぁ。
絶対に無くしたくない思い出です。

束の間の少女の時間。
そんなことを想い出させてくれてありがとうv-238

2008/03/17 10:02 by 花音 Pagetop△

>花音サマ、はじめましてです。
実は花音さんのブログにはときどきお邪魔してるので、はじめまして感が薄いのですが…く(^^;)

3年間の想い、長いですね。素敵な思い出です。どきどきの情景が、目に浮かびます。
花音さんの思い出、ありがとございます。
よければ、また遊びに来てくださいね♪


2008/03/18 07:17 by ぺぺ Pagetop△














管理者のみ閲覧可能にする

Trackback URL
» http://pepeusa.blog109.fc2.com/tb.php/140-32b1b7b0
» FC2blog user only

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。