06月 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 



背の高いあなたを
見上げる首の角度を
記憶しています。

ひとごみ
ざわめきのなか
話しかけると
口元に耳を寄せてくれる
あなたが好きでした。

大好きなその声が
自分だけに向けられている
瞬間
体中が耳になればいい、と
心から願いました。

せいいっぱい背伸びして
視線の高さを合わせてみようとしました。
同じ世界を見てみたかったのです。

人混みに押されて
思わずよろけて
とっさに摑んだあなたの腕の
確かな温かさと
戸惑いが
胸に残っています。

どんなに覚えていようとしても、
きっといつかは色褪せてしまう。
広い背中も、大きな手も、肩越しに見た景色も、雨の匂いも、やさしさも、温度も、何もかも。
だけど、あなたと出逢えた夏を、
ひとときだけでも隣で過ごせた夏を、
セピア色になっても
モノクロになっても
とぎれ とぎれの 点と線になっても
きっときっと
忘れません。

きっと、きっと。
ずっと、ずっと。

スポンサーサイト



大切な人。  恋愛
















管理者のみ閲覧可能にする

Trackback URL
» http://pepeusa.blog109.fc2.com/tb.php/620-ee2c22c9
» FC2blog user only

管理人の承認後に表示されます【2012/11/02 11:54】
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。